カードローンで悩んでいるなら、まずは基本を知ろうということで色々と書いてみます

お金の独り言|カードローンをうまく使っていきたいね

カードローン

身近な存在のカードローンを賢く使いたい

投稿日:

 

ローンにもいろんな種類があります。自動車ローンや住宅ローンなど高額の買い物の時に利用するイメージが高いですが、このような担保を利用しないで借りることができる個人向けのローンのことをカードローンと言います。

ですのでその個人がどれだけ信用できる人なのかと言う審査が非常に厳しいローンでもあります。審査状況によっては認可されない場合もあります。

年収制限があるわけではないですが、定職についていて安定した収入がある人であれば申し込みはできます。また専業主婦の場合も、配偶者に一定の収入があれば審査がおりるローンもあります。

 

カードローンの仕組み

例えば自動車のローンであれば、自動車の購入資金の目的以外で借りたお金を使うことはできません。しかしカードローンは、基本的にどのような目的でお金を使うかは自由なのです。

 

このことをフリーローンといいます。冠婚葬祭など突然の出費で必要になったお金の調達に使ってもいいですし、旅行やエステなど楽しむためのものに使っても構わないのです。

その代わり一般的には、使途が限定されたローンよりも金利が高めに設定されているのが特徴です。

またカードローンは、限度額内で何度でも借りたり返したりができることも特徴です。毎月の返済をきちんと続けている限りは、無制限に引き出して使うことができます。

 

カードローンのメリット

同じローンでも、サラ金や消費者金融では、 さらに追加の借入をする場合には再度審査を受ける必要があります。

 

その点カードローンの場合は、限度額内であれば審査なしで何度も自由に借り入れすることができます。よほどのことがない限りその限度額が、減額されることもありません。

また大手銀行が発行しているカードローンも多く、 保有している銀行口座とスライドさせて管理することで、利用者にとって利便性が良く、安全性の高いローンも数多く存在します。

 

カードローンのデメリット

とはいっても、 自由度の高い仕組みに甘えて「借金をしている」という気持ちが薄れがちになってしまうことはカードローンのデメリットです。借りたり返したりを何年も続けているうちに、トータルするとかなりの金利を支払ってしまうことにもなります。

また極端に審査の緩いカードローンには気をつけましょう。ネット上で「審査なし」「即日融資」などを強調する広告をよく見かけますが、 出資法の裏をかくようなグレーな商売をしている会社も存在するので注意が必要です。

以上カードローンに関する基本的な情報まとめてみました。

現在では、「お金が無くなったから足りない分を借りる」という意味合いだけではなく、長期的に見た資産運用の一貫としてカードローンを利用する人も増えてきています。

 

カードローンの利点と欠点をよく見極めた上で、上手に活用するのも資産管理の方法の一つです。

-カードローン

Copyright© お金の独り言|カードローンをうまく使っていきたいね , 2018 All Rights Reserved.