お金が足りない時の対処法

普通に生活していても、お金が足りなくて困る場面というのはいきなりやってきます。特に現金が必要な場面というのがあります。飲み会などでの割り勘ではカード払いというわけにはいきませんし、冠婚葬祭の香典や祝儀費用も現金でなくてはいけません。

 

ちょっとしたお金の工面であれば、カードローンという手段があります。カードローンは意外と身近な所にあります。群馬銀行でもカードローンのサービスが受けられるのを知らない人も意外と多いです。群馬銀行にはナイスサポートカードというカードローンがあります。

 

地方銀行で借りる

 

ナイスサポートカードの使い道

ナイスサポートカードはお金に関する様々な場面で使えます。カードローンは使用用途が基本的に自由なので、飲み会費用でも冠婚葬祭費用でも、もっと漠然とした生活費全般としての借入でも、自由に行えます。

 

しかも、契約後は繰返し借入れが可能です。限度額の範囲内であればいつでもお金を借りられます。一度限度額まで達してしまっても、返済を行えば再度借入れが可能です。

 

借り過ぎに注意すれば、今後のお金のトラブルはカード1枚で対処できます。

 

ナイスサポートカードの金利条件

ナイスサポートカードは銀行のカードローンなので、金利が低めに設定されています。金利は借入限度額によって決まります。限度額100万円以内の場合、適用金利は14.5%です。14.5%はナイスサポートカードの最高金利なので、これより高い金利は適用されません。

 

また、借入限度額が高くなると、金利も下がっていきます。101万円~200万円なら12.8%、201万円~300万円なら9.8%で借りられます。問題は実際の借入額ではなく限度額なので、限度額が高ければ、実際の借入額が少なくても金利は下がります。

 

地方銀行はカードローンの条件に劣ると考えている、感じている方も少なくありませんが、実際には地方銀行のカードローンはメガバンクなどの大手銀行のカードローンにも条件面で劣ることはありません。

 

例えば、群馬銀行のナイスサポートカードと三井住友銀行カードローン金利を比べてみても、上限はどちらも年14.5%と違いはありません。地方銀行だからといって高い金利となるわけではないので、地元の金融機関で借りるカードローンも十分に頼れるのです。

 

来店不要のWEB完結

群馬銀行のカードローン、ナイスサポートカードの申込みはインターネットから行えます。契約までWEBで完結するので、来店不要で契約ができます。群馬銀行の口座を開設していれば手続きはスムーズですが、口座を開設していなくても手続きが可能です。また、パソコン操作が苦手な人はFAXや郵送での手続きも可能です。

 

ネットで契約をする場合、カードの受取方法が心配だという人もいます。ナイスサポートカードでは、カードは本人限定受取郵便で届きます。確実に自分が受取れるので、家族にバレずに借入れをしたいという人も安心です。また利用明細書についてもWEB管理が可能です。

 

インターネットバンキングを利用すれば、パソコンやスマホで利用明細書を受取れるので、自宅への郵送も避けられます。

 

わかりやすい返済額

カードローンでお金を借りた時の返済は、わかりにくいという人もいますが、ナイスサポートカードの返済はシンプルです。最高限度額が100万円以内か、101万円以上かによって、毎月の返済額が決まります。

 

限度額100万円以内の場合、借入残高10万円毎に3,000円を返済します。10万円以内なら毎月3,000円を返済していけばOKです。10万円を超えると6,000円、20万円を超えると9,000円といった具合に、返済額は増えていきます。

 

最高限度額が101万円以上の場合、借入残高10万円毎に2,000円を返済していきます。10万円以内の借入なら、毎月2,000円の返済でOKです。借入額が10万円を超えると4,000円、20万円を超えると6,000円といった具合に返済額は増えていきます。

 

毎月の返済額とは別に、多めに返済したり追加で返済したり、一括で返済したりもできます。ナイスサポートカードでは返済繰上げ手数料はかかりません。少額での返済も多めの返済も、自由に行えます。

 

繰上げで返済すれば、借入額に余裕ができ、追加の借入もしやすくなります。また、繰上げ返済をした方が、かかる利息が少なくなり、返済総額が少なくて済みます。余裕がある時には多めに返済した方がお得になります。

 

返済金額だけを見ない

カードローンは毎月の少しずつの返済を勧める契約となるため、どうしても借りている金額に対する毎月の返済金額ばかりを見てしまうものです。しかし、毎月の返済金額が少なければそれだけ返済は長期化してしまうので、最終的な返済総額が膨れ上がってしまいます。

 

例えば、群馬銀行よりも毎月の返済金額が少なく設定されている消費者金融のプロミス返済金額を見てみると、5万円以下を借りている場合なら月々の返済は2,000円と軽いです。しかし、金利は群馬銀行よりも高く、返済期間も長くなるために最終的な返済総額が非常に大きくなります。

 

毎月の返済金額はたしかに大事なのですが、見るべきところはそこだけでなく、幅広く返済全体として見ることが大事なのです。